私は趣味で繋がったコミュニティを持っています。

5年前に仕事の息抜きとして始めたプライベートブログで
いつのまにかコミュニティができ、
気が付けば総勢600人超の大所帯になっていました。

コミュニティメンバーは同世代の現役ママが殆どということもあり、
集まれば話題は自然と子育てや教育の方向に流れていきます。
少し世代の離れた若いメンバーや先輩ママもいるので、
相談したりされたり・・という素敵な交流もできます。

またメンバーは全国に散らばっているので、
地域による教育事情の比較もできます。

そんな有意義な交流を続ける中、面白い取組みを思い付いたのです。

きちんと場を設け、教育について話し合う機会を作ったらどうだろう?
みんなが刺激を受けて更に意識が向上するかもしれない。
そしてその取組を全国に向けて発信したら、
お母さん方の励みになるかもしれない。


という考えの下、
6月には東京、9月には大阪で、「教育座談会」なるものを開催しました。


東京の方では、
「早期の英語教育は必要か?効果があるのか?」という議題を軸に、
今の子供達に必要な教育は何なのかを話し合いました。

東京サミット開催!~教育座談会


大阪では、「読解力を付けるにはどうしたらいいか?」という議題の下で
意見を出し合いました。

教育座談会Ver.関西


加えて大阪では、予てから個人的に興味があった議題、
「学校に期待するものは何?」について、話し合ってみようと試みました。

ところがです。
全く意見が出ないのです。
問いかけど問いかけど、みなさん困るばかり。


「そう言えば学校に文句は言うのに
どうして欲しいのか考えたことはなかった」


とても誠実なご意見だと思いました。
そしてこの質問は各自あらためて考えて貰うことに。


約1ヶ月ほど経った頃でしょうか。
座談会に参加してくださったお母さんの1人からメールをいただきました。


「子供のママ友たちと話し合ってみましたが、
 学校には何も期待していない、という結論になりました」


がーん・・


なんとイマドキのお母さん達は
学校に何も期待していないのです。


「子供を安全な場所で預かってくれていたらそれでいいんです」


ハァ・・
学校は託児所か。

まぁ勉強は学習塾に任せていればいいし、
水泳などの運動系もスポーツ倶楽部に入れればいい、
社会性を学ぶことだってボーイスカウト等の活動を通して
充分に補えるから、
取り立てて学校に期待するものなど何も無いのでしょうね。

でも違うと思うなぁ。

学校はいわば多民族国家みたいなもの。
いろんな家庭環境の子供がいるから、
まんまミニ社会。
ここで揉まれた経験は、値千金だと思うなぁ。

学校に期待していいものは?