今日は始業式でしたね。
みなさん、どんな朝をお迎えになりましたか?

私が担当している子供たち宅では、
どの子もみんな元気に朝食と食べ、そしてまぁまぁ機嫌よく登校したようです。

理由は半ドンだからだそうですよ。
「はよ帰って好きなことできるし、まぁ我慢して行ったろか~」ってなものなのでしょう。

始業式特有の登校渋りは、3学期は1、2学期に比べてかなり少なくなるようですね。
あと少しで春休み、あと少しでクラス替え、ということが
励みになっているのかもしれません。

半ドンにあと少し・・
こんなちっぽけなことで頑張れる子供時代っていいなあ。

大人はきついですよね。
4日の仕事初めから今日までの間、電車のダイヤは乱れまくり。
これ、何を意味しているかわかります?
そうなんです。人身事故なんです。

年始だけじゃないです。年末からですわ。
私が毎日利用している京阪電車で、年末は最大40分の遅れが出たんですよ。
これって安定が売りの京阪電鉄では新記録じゃないかしら?

確かに迷惑な話です。
ウルトラ迷惑な話なんですが、
身を投げるまでに思いつめた人のことを思うと、
自分を含めた世の中全体の責任のような気がして、
複雑な気持ちになりましたね。
家族も同僚もご近所さんも、一緒に駅のホームにいた人も、
変化に気付いてやれなかったってことですからね。
世知辛い世の中だわ。

大人の世界は子供と違ってエンドレス。
大人だって新年や春を待てる世の中にしたいもんですね。